住宅ローンの借り換え相談をした方がいい理由

銀行やファイナンシャルプランナーへの住宅ローンの借り換え相談は是非利用したいサービスと言えます。

借り換えは同じ銀行がお得

住宅ローンの借り換えを検討する方が増えています。

ローンの借り換えはローンの条件で決められているケースも多いのですが、一般的には残債しだいというケースが多いようです。

住宅ローンのように長期ローンの場合、低金利で借りられているので借り換えをしないほうがよいという意見もあります。

しかし、変動金利で契約しているケースなどは、金利負担を考慮して固定金利へ変更するのもお得なことが多いです。


住宅ローンの切り替えを検討する際に注意したいのが金融機関の選択です。

ローンを提供する場合、切り替え、繰り上げ返済に対応させているケースが多いです。

特に他行にするか、同じ銀行にするかは問題です。


ローンの切り替えはシミュレーションが重要です。

多くの銀行がシミュレーションを無料提供していることが多く、また、保証料なども見積もりをしっかりしてくれます。

ただ、注意したいのはシミュレーションは同行のローンの場合と他行からのローンでかなり異なることです。

特に同じ銀行でローンを切り替える際に優遇処置をしてくれる銀行が多くなっています。

優遇処置として多いのが金利と各種保険です。

金利については固定を選ぶ方が多いですが、切り替えの際、取引のある方の場合は大幅な優遇処置が期待できます。

また、変動金利の場合でも変動幅を優位にしてくれるケースが多いようです。

さらに保険も優遇してくれます。

保険は団体保険となりますが、病気や死亡時に支払いを終了させてくれる保険を格安や無料でつけてくれるサービスが多いです。