住宅ローンの借り換え相談をした方がいい理由

銀行やファイナンシャルプランナーへの住宅ローンの借り換え相談は是非利用したいサービスと言えます。

借り換え諸費用について

住宅ローンの借り換えにはローンの切り替えだけではなく、各種諸費用がかかります。

諸費用としては主に契約に関するものと、保証に関するものがあります。


契約を切り替える際にかかるのが切り替え手数料です。

各金融機関で料金がかなり異なりますが、多くは、繰り上げ返済手数料という名目でかかることが多いようです。

一般的なローンの場合は繰り上げ返済は手数料がかかりませんが、長期的なローンの場合や残債が多いローンの場合は手数料が発生するのが一般的です。

住宅ローンの場合は金融機関によって事前に手数料が決められていますので契約書などをチェックする必要があります。

ただし、同行のローン切り替えなら手数料を発生させない金融機関も多くなっています。


手数料としてはローンの切り替えの他に保証料も変わっています。

ローンを組む際には保証代行会社を利用するケースが多いですが、繰り上げ返済についても同様に手数料が発生するケースがあります。

繰り上げ返済はペナルティではありませんが、手間がかかるということは理解しておくと良いです。


住宅ローンの借り換えの諸費用としては新規にかける保証料があります。

団体保険を再契約したり、保証会社を再度利用する場合などに手数料が発生します。

トータルのシミュレーションを事前にしっかり行い、借り換えをした際にどの程度持ち出しをする必要があるのか注意しながら検討することが大事です。

特に保証料は予想外にかかるという場合も多いようです。